京都 紅葉20選 前編 早秋晩秋

スポンサーリンク

京都紅葉 20選 前編

紅葉燃える秋は京都が最も華やぐ季節。京都のあちらこちらに点在する名所を一度にご紹介

1、三大紅葉
(1)東福寺
臨済宗東福寺派の大本山 スケールの大きさが京都一!2000本の楓が迫りくる。赤い雲海が広がる名所。
(2)醍醐寺
豊臣秀吉が愛した醍醐の花見で名高い名所、桜やイチョウ、コナラなど彩が豊か。
醍醐の紅葉をご堪能あれ
(3)仁和寺
御所から移築された建築美とのコラボレーションがみどころ。雅やかな紅葉が売り。

スポンサーリンク

、早秋紅葉
11月初旬ころから色づき始める
(1)鞍馬寺
牛若丸が天狗を相手に修業したとされる地、山寺特有の清らかな空気の中でいち早く色づく。神秘の寺をより一層際立たせる
(2)三千院
杉苔の緑と紅葉に包まれて極楽院がひっそりと建つ風景は三千院のハイライト。

3、晩秋紅葉
12月に入り、紅葉のシーズンも終わりに近づく。観光客がにぎわう11月を逃してもまだまだ見どころ。
(1)下鴨神社
京都指折りの神社が有する「糺の森」には原生林が残っている。その大樹に囲まれている日照条件からも遅くまで紅葉が望める。
(2)毘沙門堂
参道は深紅のトンネルとなり、足元はちり紅葉によって紅の道が作られる。朱の華やかさとその静寂が冬の訪れを予感させる。

後編はこちらから

後編の内容は以下の通り、
4、朝からみることができる紅葉
5、夕ぐれが華やぐ紅葉
6、ライトアップ

リンクはこちら
(1)東福寺    (2)醍醐寺    (3)仁和寺

(4)鞍馬寺    (5)三千院

(6)下鴨神社   (7)毘沙門堂

スポンサーリンク